日本衝撃波研究会事務局 
〒182-8522 東京都調布市深大寺東町7−44−1
宇宙航空研究開発機構 調布航空宇宙センタ−内
電話 050-3362-7550



2019年度Glass Memorial Lecture Award(GMLA)の募集】

 

日本衝撃波研究会 会員各位

 

日本衝撃波研究会では2019年度Glass Memorial Lecture Award(GMLA)の受賞候補者を下記の要領で募集いたします。

受賞者は選考委員会を経て決定され、来年3月に神戸大学で開催される2019年度衝撃波シンポジウムで表彰されます。

 

(1)授賞対象者:次のいずれかに該当すること:

・日本の衝撃波研究拠点のリーダとして功績のあった方。

・日本に対して関係が深く、その研究に貢献した海外の衝撃波研究者

*衝撃波シンポジウムで行われる授賞式への出席および受賞講演のための旅費は本研究会から支給致しません。

 推薦の際に、シンポジウムに出席する経費があることをご確認下さい。

 最終決定の前に、事務局からご本人にこのことの確認をさせていただきます。

 

(2)候補者募集は一般公募とします。

*推薦者、候補者とも日本衝撃波研究会の会員でない場合も受付けます。

 

(3)自薦他薦いずれでも構いません。

 

(4)提出物:1.推薦書(推薦理由をA4サイズで,形式自由)

        2.候補者の業績(A4サイズで,形式自由)

 

(5)提出先:日本衝撃波研究会事務局 swoffice@swsoc.jp あてメール添付にてお送りください。

 

(6)提出期限:2019年12月13日(金)17:00(厳守)

 

日本における衝撃波研究の振興のため、多くの皆様からの候補者推薦をお待ちしております。

 

以上

 

参考までに過去のGMLA受賞者を以下に示します。

 

==========================================================

【これまでのGMLA受賞者,敬称略】

1997年  O. Igra   (Ben-Gurion Univ. of Negev)

1998年  C. Park   (東北大・工)

1999年  庄野安彦  (東北大・金研)

2000年  Frank Lu  (Univ. of Texas)

2001年  本間弘樹  (千葉大・工)

2002年  東野文男  (農工大・工)

2003年  近藤健一  (東工大・工)

2004年  高山和喜  (東北大・流体研)

2005年  松尾一泰  (北九州大・工)

2006年  永山邦仁  (九大・工)

2007年  Babi Ben-Dor (Ben-Gurion Univ. of Negev)

2008年  越 光男  (東大・工)

2009年  Vladimir P. Fortov (Russian Academy of Science)

2010年  堀江康之  (AFRL/MNME Munitions Directorate )

2011年  藤原俊隆  (名古屋大学)

2012年  なし

2013年  Evgeny E. Meshkov (Sarov Physucs and Technology Institute)

2013年  下川宏明  (東北大・医)

2014年  安部隆士  (JAXA)

2015年  伊藤勝宏  (JAXA)

2016年  林光一   (青山学院大・理工)/span>

2017年  なし

2018年  なし

==========================================================

 

2019年度日本衝撃波研究会

会長 青木俊之(九州大学 大学院 総合理工学研究科)



2019年度衝撃波シンポジウム開催案内】

 

日本衝撃波研究会 会員各位

 

時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

2019年度衝撃波シンポジウムを下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。

 

  [日時]      令和234日(水)〜6日(金)

  [場所]      神戸大学 海事科学研究科

                              http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/map/

 

衝撃波シンポジウムは、衝撃波現象および衝撃波が関与する諸現象について、工学、理学、医学を始めとする基礎研究から産業応用までの幅広い学際分野における研究発表と討論により、当該分野の進展を図ることを目的として開催されます。

 

本シンポジウムの神戸での開催は初めてです。神戸は、大阪湾と六甲山に挟まれた風光明美な街であるとともに、古くから国際港湾都市として発展してきました。また、痛ましい阪神・淡路大震災を乗り越え、復興を果たし、現在では、先進医療などの高度な科学技術からファッション、食(多国籍料理、日本酒、スイーツなど)、様々な文化的側面においても先端を行く多彩な街です。本シンポジウムでは、最新の研究成果のご発表と活発なご討論を行っていただく場を提供するだけでなく、是非この機会に神戸の街の魅力にも触れていただきたく、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

[企画セッション募集締切]       令和元年1015日(火) 締め切りました

[講演申込締切]                            令和元年1213日(金)

[講演原稿提出締切]                   令和2124日(金)

 

また、シンポジウムホームページを下記URLで開設致しました。今後、詳細情報を随時更新していきますので、よろしくお願い致します。

 

http://www.org.kobe-u.ac.jp/jssw2019/

 

 

2019年度衝撃波シンポジウム実行委員会

委員長 阿部 晃久(神戸大学 大学院 海事科学研究科)

お問い合わせ先 e-mail: jssw2019 @maritime.kobe-u.ac.jp